日音サウンズライブラリーについて

ライブラリーミュージックとは

ライブラリーミュージックは放送番組、コマーシャル、映画、VP、イベント等、様々な映像や空間を効果的に演出するためにオリジナルで制作されており、あらかじめオールジャンル(クラシックから最新のチャート系まで)・オールテーマを取り揃えているプロユースの選曲用音源集です。
市販楽曲にはあまり存在しないニュース、スポーツ、コーポレート等のテーマやジングル、ドローンまで網羅しているのが特徴的で、使い易いようにフルバージョンの楽曲に対して、アンダースコアとショートバージョンがつく構成になっています。

日音サウンズライブラリー

日音サウンズライブラリーは自社制作のオリジナルライブラリーに加えて、海外のライブラリーミュージックの中から厳選して原出版社と契約を行い、日本国内において独占的な出版権を保有して、プロのユーザー向けにマーケット需要に合った良質なライブラリーミュージックを紹介しています。
ライブラリーミュージックの取扱量は国内最大で、海外大手ライブラリー出版社Warner Chappell Production Musicを筆頭にユニークな独立系出版社までレパートリーは豊富です。

日音サウンズライブラリーのメリット

ハイクオリティー 楽曲は業界の第一線で活躍しているコンポーザー、ミュージシャン、プロデューサー、エンジニアにより、一流のレコーディングスタジオ等、最高の環境で制作されているので、市販楽曲と比較してサウンドクオリティーの遜色はありません。
エンニオ・モリコーネのような映画音楽の巨匠からピエール・ポルト、ラリー・カールトン、ジョナサン・バトラー、チーフタンズ、ブライアン・イーノ、ジェイムス・テイラー・カルテット、ブラン・ニュー・へヴィーズ、コールドカット等、各ジャンルを代表する数多くのアーチストや新進気鋭のアーチストの作品が多数収録されています。またCHUCK D等、豪華なプロデューサーを起用したタイトルも多数含まれます。
映像との調和 ライブラリーミュージックは映像を効果的に演出することを目的として制作されているので、映像作品にスムーズに調和します。ジャンルはクラシック、ジャズ、ロック、ポップス、ダンス/エレクトロニカ、ソウル、R&B、環境音楽、民族音楽、ウェル・ノウン・チューン(童謡等の定番曲)等、テーマはニュース、スポーツ、コーポレート、ドラマティック、都会的/近代的、コメディ/バラエティ、ドキュメンタリー、自然、サイエンス/テクノロジー等、幅広く網羅しており、様々な映像に適応することが可能です。
また海外の映画・テレビドラマのテーマ曲や有名アーチストを彷彿とさせる楽曲も豊富に網羅しており、市販楽曲のテイストを再現することも可能です。
膨大なタイトルから自由自在にセレクト 海外のライブラリー出版社約90社と独占的な契約をしており、現在、総取扱い約20,000タイトル(約150万音源)を保有しています。音楽を必要とするどのようなシチュエーションにも対応でき、膨大なタイトルの中から使用用途に合った最適な音源をセレクトしていただくことが可能です。 簡便な許諾申請手続き 取扱い全ての楽曲の著作権と著作隣接権(原盤権)を一元管理しておりますので、使用用途が多岐に渡る場合でも、当社に対する使用許諾申請手続きだけで楽曲をご使用いただけます。
えば番組のDVD化、海外番販やインターネットでのストリーミング配信等、二次使用が発生する場合やマルチで展開する作品に対して迅速な対応が可能です。
リーズナブルな楽曲使用コスト 市販楽曲を使用する場合は著作権の処理と共に著作隣接権者(通常はレコード会社)から使用許諾を得た上で原盤使用料を支払う必要がありますが、ライブラリーミュージックを使用する場合は著作隣接権(原盤権)に関する使用許諾の手間と原盤使用料が軽減できます。
またフルオーケストラのように制作費が高額になる編成や民族楽器などを使用したコーディネートに時間を要する音楽でも、膨大なタイトルの中から該当する音源をご使用いただけますので、オリジナル楽曲を制作する場合と比較して費用対効果が高くなります。
マルチコーディネート 日音サウンズライブラリーでは映画・ドラマの劇伴作家のコーディネート、番組のテーマ曲やコマーシャル等のオリジナル楽曲制作や各種選曲業務も対応可能です。